美術館・博物館情報

漢字博物館・図書館

「漢検・漢字博物館・図書館(通称、漢字ミュージアム)」は、日本漢字能力検定協会(通称、漢検)が設立した漢字の博物館で、漢字の歴史や文化を学ぶための体験型博物館です。漢検は以前、漢字資料館という展示施設を烏丸松原に開設していましたが、その展示施設を発展させたのがこの博物館です。以前の資料館は、漢字に関する資料を展示しただけの、どちらかといえば殺風景な雰囲気でしたが、新たに設立した今回の博物館は、タッチパネルやレプリカの資料を多用し、小さい子供から大人まで楽しめる施設になっています。

漢字ミュージアム玄関

博物館は、八坂神社西門近くの元弥栄中学校の跡地に開設されています。玄関は、京都の街並みをイメージした外観で、祇園地域の景観に配慮しています。入り口を入るとカフェとミュージアムショップがあり、その奥に受付があります。入場料を支払い、施設に入った正面には、年末に報道されてよく知られている「今年漢字」が展示されています。その奥には漢字の歴史が、パネル展示で解説されています。漢字の成り立ちは、中国(後漢時代の儒学者・文字学者)である許慎の著書である「説文解字」をもとにした解説をしています。他にも文字を書くための道具に関する展示物があり、一階は漢字の歴史を学ぶ展示となっています。二階はタッチパネルを使ったりして、漢字そのものを学んでいく展示となっています。

漢字ミュージアム「今年の漢字」

博物館にしては珍しく、館内の写真撮影はOKで、訪問者は気軽に撮影しています。また、祇園地域にあることから、八坂神社などを訪れた観光客が、観光の一環として入場する姿も目立ちます。

漢字ミュージアム

所在地〒 :  605-0074 京都市東山区祇園町南側551番地

電話番号 : (075) 757-8686

開館時間 : 9:30〜17:00まで(入館は16:30まで)

休館日 : 月曜日(休館日が祝日の場合は、翌平日に振替)、年末年始 / 臨時休館あり

最寄りの交通機関 : 京阪本線『衹園四条駅』6番出口から八坂神社方面へ徒歩5分

 

公式ホームページ   漢検  漢字博物館・図書館