京都タウンマップ
美術館・博物館情報

top>>美術館・博物館情報>>京都市美術館

京都市美術館は、昭和3年(1928年)に京都で挙行された昭和天皇即位の礼を記念して計画が始まり、関西の財界はもとより多数の市民の協力を得て「大礼記念京都美術館」との名称で開設されました。 美術館本館の建築設計は広く公募され、一等に入賞した前田健二郎の設計図案を基に、昭和6年に着工、昭和8年に竣工しました。 公立美術館としては東京都美術館に次ぎ日本で二番目で、帝展(現在の日展)をはじめとして、特別展・市展を開催しながら、独自のコレクションを形成しながら常設展も開始しました。収蔵品は明治以降の日本絵画史を語る上で外せない人たちの作品ばかりで、常設展は企画展・特別展に劣らない作品が展示されています。戦後は一時駐留軍に接収されましたが、昭和27年、接収解除を機に京都市美術館と改称し、美術館活動を全面的に再開しました。平成12年(2000年)には公募展などの増加に対応するため、別館が開館して、展覧会開催の機能にもさらなる充実が図られました。

京都市美術館玄関

京都市美術館のある岡崎公園は、明治28年(1895年)に平安遷都1100年を記念して、第4回内国勧業博覧会が行われた跡地になります。岡崎公園の中心的施設として市民に親しまれているのが、京都市美術館です。昭和の初期に建築された特徴である煉瓦と石を用いたモダンなデザインで、全体的にベージュ色で落ち着いた雰囲気があります。美術館の正面に掲げてあるネームプレートにはもちろん『京都市美術館』とありますが、その上部には『大礼記念』の文字がうっすらと残っています。館内にはいると大きな吹き抜けホールがあります。天井部分にある蛍光灯の照明のデザインが非常にユニークで、他では見たことがありません。(下の写真参照)展示室はオーソドックスなしつらえで、長時間鑑賞していても疲れにくい雰囲気がありますが、床が堅くて足が疲れを憶えます。二階にも展示室があり、一階では有料で二階は無料の展覧会が開催されることも多くあります。また平成12年に出来た別館は、近くの京都会館の敷地内にあり、訪れる際には注意が必要です。

京都市美術館照明
所在地 〒 606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町124
電話番号 (075) 771-4107
開館時間   午前9:00~午後5:00まで(入館は16:30まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)及び年末年始(12月28日~1月2日)
最寄りの交通機関 市営地下鉄東西線「東山駅」  徒歩7分
駐車場 なし
ホームページ 公式ホームページ   京都市美術館