京都タウンマップ
美術館・博物館情報

top>>美術館・博物館情報>>京都国立博物館

明治維新後に日本の文化財の流失・散逸に危機感を持った明治政府は、東京に帝国博物館を作って文化財の保護に当たりましたが、京都と奈良にも同様の博物館が必要との認識が高まり、明治25年(1892年)に博物館の着工が始まりました。陳列館は当初3階建てで計画されましたが、1891年に発生した濃尾地震でレンガ造2階建ての建物が多く倒壊したことを踏まえ、平屋建てに変更されました。そうして3年後の明治28年(1895年)に竣工しました。設計者は奈良国立博物館本館や東京国立博物館表慶館の設計にも携わった、片山東熊です。竣工した博物館が「帝国京都博物館」として開館したのは明治30年(1897年)5月のことです。開館から3年後の1900年(明治33年)には「京都帝室博物館」と改称されます。大正13年(1924年)2月には皇太子(後の昭和天皇)の成婚を記念して博物館は京都市に下賜され、「恩賜京都博物館」と再び改称。第二次大戦後の昭和27年(1952年)までは京都市の管轄下にありました。同年年4月、再び国立となり、京都国立博物館と改称されていいます。博物館は、国立化当初は文化財保護委員会、昭和43年(1968年)からは同年新設された文化庁の付属機関でした。中央省庁再編・独立行政法人制度の発足に伴い、2001年からは独立行政法人国立博物館、2007年からは独立行政法人国立文化財機構が運営する博物館となり、今日に至ります。収蔵品は日本を始めとする東洋美術が中心で、場所柄、京都の多くの社寺から美術品の寄託を受けていて、平常展もこれらの展示品が多く、その中には国宝や重要文化財が多数含まれています

京都国立博物館

明治に国の文化財保護政策の一環として建てられたので、敷地面積は広く、建物も重厚で、欧米の博物館と比べても遜色がありません。展示室も広く、ゆったりとして鑑賞することが出来ます。ただ、床が非常に堅く、長時間鑑賞していると、足が疲れてきて休憩がしたくなります。休憩用の長椅子はあるのですが、施設の性格上余り多くはなく、改善を求めたいところです。展示内容は国立博物館に相応しく、国内・海外の一流品が多く、展覧会によっては見学するのに長蛇の列をなすことがあります。収蔵品も充実していて、平常展を見に来ても飽きることはありません。

京都国立博物館
所在地 〒 605-0931 京都市東山区茶屋町527
電話番号 (075) 525-2473
開館時間   午前9:00~午後5:00まで(入館は16:30まで)
休館日 毎週月曜日 ※ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
最寄りの交通機関 京阪電車「七条駅」下車  徒歩7分
駐車場 なし
ホームページ 公式ホームページ   京都国立博物館