京都タウンマップ
美術館・博物館情報

top>>美術館・博物館情報>>京都市学校歴史博物館

京都市学校歴史博物館は、御幸町高辻を北に100メートルほど北に行ったところにあります。1998年(平成10年)に、かつて開智小学校として使用されていたのを改修し、1869年(明治2年)に日本で最初に出来た番組小学校と呼れる学区制の小学校の歴史を展示しています。初代館長は、考古学者の上田正昭氏で、現在は日本画家の上村淳史氏です。校庭や校舎の外観は殆どそのままに、校舎の内部を改修し、施設展示をしています。展示内容は大きく分けて、二つに分かれます。一つは常設展で、京都の小学校の歴史を実物や写真を展示しています。教科書や教材、教室の風景が展示され、中高年以上の方なら懐かしく見学することが出来ます。もう一つは企画展で、季節によって展示内容を変更しています。企画展の内容も、京都市立の小学校に保管されている所蔵物を展示することが多いです。京都の小学校には、美術界の重鎮が出身校や住んでいる地域の学校に作品を寄贈していることがあり、小学校が所有している作品を集めて展示会を開くと、驚くような展示内容になります。そういった作品の一部は写真展示されています。またかつて講堂として使用されていた施設で、講演会や講座等が開かれたり、空き教室を利用して、市民を対象とした講座や教室が開催されています。

京都市学校歴史博物館

一階受付で入場を済ますと、常設展に案内されます。取材時には受付の方が案内と解説をしてくれました。開智小学校の教室を改装して展示室としているので、さほど広くはありません。番組小学校が出来た当初を再現したり、その後の京都の教育風景や、教科書、学校の周囲の状況などが展示されています。それらを一つ一つ見て回ると、小さい頃が思い出されて、郷愁に耽ります。今ではなくなってしまった、いわゆるバッタン机やベンチシートの椅子など、あまりの懐かしさに腰掛けたりします。旧学校制度の尋常小学校で使用されていた教科書も展示されています。企画展は別の教室で展示されています。企画展も同様、教室を改装してあるので、余り広くはありません。二階にも展示室があります。これまで提供されていた給食を再現したり、講堂の様子も見ることが出来ます。

京都市学校歴史博物館
所在地 〒 600-8044 京都市下京区御幸町通高辻上る橘町437
電話番号 (075) 344-1305
開館時間   午前9:00~午後5:00まで(入館は16:30まで)
休館日 水曜日(休日の場合は翌平日)12月28日~1月4日
最寄りの交通機関 阪急電車 「河原町」下車  徒歩5分
駐車場 なし
ホームページ 公式ホームページ   京都市学校歴史博物館