京都タウンマップ
嵯峨・嵐山方面

top>>嵯峨・嵐山>>大覚寺

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

真言宗大覚寺派大本山の寺院。山号は嵯峨山です。本尊は不動明王を中心とする五大明王で、開基は嵯峨天皇です。嵯峨天皇は書に優れていて、空海(弘法大師)・橘逸勢とともに「三筆」の一人に数えられています。大覚寺は嵯峨天皇が、后との新居として嵯峨院を建立し、これが現在の大覚寺の前身・嵯峨離宮で、この離宮を寺に改めた寺院です。嵯峨の地名は、唐の長安北方の景勝地、嵯峨山になぞらえたものです。

大覚寺

御影堂(心経前殿)は大正天皇即位式場に建てられた饗宴殿を式後賜り移築した。

 大覚寺の歴史

大覚寺式台玄関 式台玄関は東福門院の女御御所、長局の一部といわれている。

嵯峨天皇の信任の厚い空海が、離宮内に五大明王を安置する堂を建立して、修法を行ったのが起源とされています。嵯峨天皇が死後、30数年後の貞観18年(876年)に皇女の正子内親王(淳和天皇皇后)が離宮を寺に改めたのが大覚寺です。鎌倉時代になると、亀山法皇や後宇多法皇が入寺し、ここで院政を行ったため「嵯峨御所」とも呼ばれました。なかでも、後宇多法皇は伽藍の整備に力を尽くしたため、「中興の祖」と称されています。

大覚寺勅使門 勅使門には近づく事は出来ない。

亀山法皇や後宇多法皇の皇統は上皇が大覚寺に住んでいたことから大覚寺統(南朝)と呼ばれ、後深草天皇の系統の「持明院統」と交代で帝位につきました。この両系統が対立したことが、後の南北朝分裂につながりました。元中9年(1392年)には、南北朝の媾和が大覚寺で行われ、南朝の後亀山天皇が北朝の後小松天皇に三種の神器を譲って大覚寺に入りましたが、そののち後亀山天皇は吉野へ移り、南朝の再興運動が起こりました。後宇多法皇は大覚寺の興隆に尽力し、広大な伽藍を建立しましたが、応仁の乱の火災により焼失してしまいました。しかしその後織田信長や豊臣秀吉の寄進で復興し、徳川家康に寺領を安堵されました。

  大覚寺の散策
大覚寺五大堂

五大堂は大覚寺の本堂にあたる。

表門をくぐり、式台玄関を抜けると宸殿が見えてきます。これは江戸時代、後水尾天皇より下賜され、天皇に入内された徳川2代将軍秀忠の娘東福門院和子が、女御御所の宸殿として使用していたものを移築しました。内部は4部屋に分かれ、それぞれには襖絵に因んだ名前が付けられており、狩野山楽の牡丹図と紅梅図は見事で必見です。大覚寺の本堂にあたる五大堂は天明年間(1781-1789年)の建立されました。五大堂の名前の由来は、嵯峨天皇が空海に五大明王の秘法を修めさせたのが、由来とされています。元来この堂の本尊であった鎌倉時代作の五大明王像は収蔵庫に移され、現在は松久朋琳・松久宗琳が昭和50年(1975年)に完成した五大明王像を本尊として安置しています。五大堂からは大沢池を望む景色は素晴らしく、歴代の天皇が大覚寺に愛着を持っていた理由が分かります。大覚寺は門跡寺院なので、所々に皇室との関わりの深さを表す物があります。式台玄関をはじめ、複数の建物に菊の御紋があったり、庭には皇室関係者お手植えの庭木があります。また調度品も格調が高く、宮内庁御用達の品の良さが伺われます。

大覚寺へのアクセス

〒616-8411  京都市右京区嵯峨大沢町4

TEL  (075)871-0071

JR嵯峨嵐山駅北口下車徒歩約20分

駐車場  : 専用駐車場があります。

拝観時間  9:00~16:30

拝観料金  : 大人500円  小中高生300円

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://www.daikakuji.or.jp/

周辺の観光・宿泊

観光地: 仁和寺 嵐山 広隆寺 桂離宮 天龍寺

宿泊施設: ビジネスホテル嵐山 嵐山辨慶 宿らんざん ホテル嵐亭
高雄もみぢ家本館