京都タウンマップ
伏見・醍醐方面

top>>伏見・醍醐方面>>伏見稲荷大社

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

伏見稲荷大社鳥居

稲荷大社の鳥居を潜ることは即ち稲荷山に登拝することを意味する。

稲荷大神を祭る伏見稲荷は全国に4万社ある稲荷神社の総本宮で、その名の通り五穀豊穣を祈っています。その他にも職人としての守り神でもあり、江戸時代には商売繁盛の神の要素も加わり、幅広い民衆信仰を集めました。

 伏見稲荷の歴史

稲荷神は京都東山南端の稲荷山三山を神体山信仰に発する神で、稲の穀霊神でした。稲荷神社の起源は「山城国風土記」逸文に残されていて、711年(和銅4年)伊侶具秦公が勅命を受けて伊奈利山三ヶ峯(稲荷山)に三柱の神を祀ったことに始まります。それには富裕だった伊侶具が、お餅を弓矢の的にしたところ、餅は白い鳥になって飛び去り、稲荷山に舞い降り、そこに稲が生え(稲成り・いなり)ました。

伏見稲荷鳥居千本

伏見稲荷と言えば鳥居千本。
トンネルのようになっているが意外と明るい。

伊侶具の子孫が伊侶具の過ちを悔いて、杉の木を植えて祭りました。これが稲荷神社の起源とされています。稲荷山の杉は、稲荷信仰の象徴とされ、伏見稲荷大社では神楽を舞う巫女の頭にも、杉の葉が飾られます。「稲荷」の神号の起源は諸説ありますが、その中の一つに空海が関係しています。空海が紀州で修行中に、内に異相を秘めた老翁に出会い、老翁は空海に仏法興隆に協力する事を約束します。その7年後に空海は朝廷から、東寺を下賜されますが、その年の4月にその老翁が2人の女と2人の子供を従えて空海を訪ねてきます。空海は一行を歓待し、東山の一角にある東寺の杣山を利生の地として鎮座させたのが、伏見稲荷大社の起源とされ、この時に老翁が背中に稲束を背負っていたので、「稲荷」の神号が付いたとするものです。今も伏見稲荷大社と東寺とは深い関係があります。

伏見稲荷本殿お稲荷さんというと、キツネを連想すく方も多いと思いますが、両者が結びついた理由はよく分かっていません。色々と説があるようですが、説の一つに先に紹介した老翁が狐を従えていたという説もありますし、元々稲荷山には沢山の狐がいた、と言うのもあります。また伏見稲荷大社のホームページには、別の説が掲載されています。それには稲荷神がのちに密教の荼枳尼天と本迹関係を結んだことを重視し、荼枳尼天のまたがる狐がそのまま稲荷神の眷属とされたのだという説やその他にも幾つか載っていますが、詳しい内容は公式ホームページをご覧下さい。

写真では分かりにくいが、本殿は片流れの神社様式。

  伏見稲荷の散策

楼門は稲荷神社の総本山とあって大きい。

伏見稲荷楼門伏見稲荷は表参道が鳥羽街道に面していて、また近くにJRと京阪電鉄の駅があり、人や車の往来が多いところにあります。表参道の鳥居をくぐるとすぐ目の前に、楼門があります。この楼門は天正17年(1589年)豊臣秀吉の造営とされています。過去には異説があったようですが、昭和48年の解体修理の際、「天正17年」の墨書が発見され、伝承の正しかったことが確認されました。楼門を過ぎると本殿が見えてきます。現在の本殿は明応8年(1499年)に建てられたもので、それ以前の建物は応仁の乱で焼失してしまい、仮殿が設けられた後、本殿が再興されました。建物は下鴨神社などの本殿同様、片流れの神社様式です。本殿を通り過ぎるといわゆる「千本鳥居」があります。この「千本鳥居」は江戸時代には既にあったようで、長い歴史があります。この鳥居を建てるには特に資格はなく、伏見稲荷に対する信仰心があれば個人でも団体でも建てることができます。麓から登っていくときには鳥居には「奉納」の文字しか見えませんが、反対から見ると奉納者の名前と奉納した年月が書いてあり、誰もが知っている名前が所々にあって、それを見つけるのも楽しみの一つです。「千本鳥居」を抜けると奥社奉拝所があります。奥社奉拝所は別名「奥の院」とも呼ばれています。この奥社奉拝所はご神体である稲荷山三ケ峰を遙拝するところで、この社殿の背後に位置しています。この「奥の院」の名で知られています。この奥社奉拝所はお山を遥拝するところで、稲荷山三ケ峰はちょうどこの社殿の背後に位置しています。この奉拝所には一対の石灯篭があります。この灯篭の前で願い事を念じて石灯篭にある空輪(頭)を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ願い事が叶わない、とされる「おもかる石」があります。奉拝所を過ぎると参道は勾配が急になってきます。稲荷山山頂の「一ノ峰」までは道は険しく、運動不足の人にはつらいものがあります。「一ノ峰」には上之社神蹟があります。稲荷山の最高峰(標高233メートル)です。「一ノ峰」に着くまでには所々に休憩所(茶店)がありますので、初めて登る方も安心して参詣できる御神山です。

伏見稲荷へのアクセス

〒612-0882  京都市伏見区深草藪之内町68

TEL (075)641-7331

京阪電鉄伏見稲荷駅より徒歩10分

拝観時間  参拝自由

拝観料  なし

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://inari.jp/

参考文献  : 岡田精司著 : 京の社―神と仏の千三百年 : 塙書房刊

稲荷周辺の観光・宿泊

観光地:醍醐寺

宿泊施設:アーバンホテル京都 料亭旅館清和荘