洛中/二条城・御所周辺

堀川

川の名前?道の名前?

堀川通りは北は加茂街道、南は八条通りに至る全長約7.9キロに渡る南北に列なる通りです。現在の堀川は川としての役目はほとんどありませんが、大雨時の下水道のバイパスとして活躍しています。下水道に収まりきれない雨水と下水が放流されて、川としての役割を取り戻します。御池通から南は暗渠として地下に隠れていますが、今出川と御池の間は姿を現しています。

堀川橋の門柱

御池通に架かる橋の門柱

堀川の歴史

堀川は平安建都のときに開削された運河でした。公家の邸宅が堀川沿いに並び立ち、それぞれの庭に水を供給していました。当時は朱雀大路から見て東西に運河を開削したので、西堀川(現在の紙屋川)に対し、東堀川と呼ばれていました。また江戸時代には北山や丹波から材木を堀川を利用して運んだので、堀川沿いには多くの材木商が立ち並んでいました。今でも堀川通りには少ないながらも材木商が数軒あります。昭和の前半には水量は豊かで、西陣の織物業者が堀川で友禅流しを行う姿は、京都の風物詩として全国的に知られていました。

堀川暗渠

堀川は御池通から南は暗渠となっている

しかしその景色は昭和三十年代に廃れてしまいます。水量は減り、川の殆どが暗渠になってしまったのに加え、呉服産業が長期低落傾向になって、西陣の織物業者が相次いで廃業してしまい、友禅流しの景色は見られなくなってしまいました。堀川通りは堀川の東西に設けられた小路で、東は東堀川通り、西は西堀川通りと呼ばれていました。現在の堀川通りは西堀川通りに当たります。昭和20年3月には、空襲による延焼防止策として通りの西側の民家に強制疎開の命令が出され、戦後に市街地整備の一環で、幅員50メートルとなるメインストリートとなりました。

堀川の散策

一条戻橋

一条戻り橋は有名な割りには小さな橋

今出川と堀川が交わるところには幽霊伝説で有名な一条戻橋があり、時折観光客が記念撮影をしています。一条戻橋は794年の平安京造営のときに架橋されています。この橋には様々な伝説があります。まず、橋の名前に『戻り橋』の名称が付いた理由ですが、こんな話があります。平安時代の初期に漢学者の三善清行の子で浄蔵は、紀州熊野で修行中、清行危篤の報せが届きます。浄蔵は存命中に話がしたいと、都へ急ぎました。 しかし、その願いも空しく、浄蔵が京へ着いたときには清行はすでに亡くなり、 一条通の堀川に架かる橋の上で、父の葬列に出くわします。「何であと一日早く帰ってこれなかったのだろう。」浄蔵は嘆き、「もう一度話がしたい」と願いを込めて祈祷しました。すると、にわかに闇が立ち込め、と同時に閃光が走りました。そしてその時清行が蘇り、半身を起こしたのです。浄蔵と清行は抱き合い、親子の最後の会話をすることができたのです。それからこの橋を、死んだ人も生き返るという意味から 戻り橋と呼ぶようになりました。他にも様々な伝説があるようです。又戦争中は『戻り橋』の名前の験を担ぎ、出征兵士の見送りの場所として使われました。

堀川天皇里内裏

堀川御池には堀河天皇の里内裏があった

堀川通りは御所に近いこともあり、古くから天皇の里内裏や公家の屋敷があり、大きな建物がありました。それは今も変わっていません。二条城や西本願寺の他に、ホテルや旅館が目立ちます。南には京都駅があり、北には有名寺院が甍を連ねます。道幅が広いこともあり、交通流量も昼夜を問わず多いです。今では「堀川」の名称は京都市民にとって、川の名前と言うよりも通りの名称である方が馴染みがあります。

堀川

現在の堀川はほとんど水の流れがない