石塀小路

高台寺の裏道

石塀小路は八坂神社を南に下がり、高台寺に向かう途中にあります。ここを歩くのは地元の人か観光客がもっぱらで、京都の人は存外にいません。石畳が続くモダンな雰囲気が評判となって口コミで広がり、多くの観光客が訪れるようになりました。

石塀小路石畳

石塀小路はこのような石畳が続く

石塀小路の歴史

石塀小路が出来たのは比較的最近のことで、大正時代の初期の頃です。石塀小路の土地は、当初は圓徳院のの所有地でしたが、明治時代になって税金を納める必要が出てきたため、圓徳院庭園の一部を取り崩して、通り抜けの道を造りました。左の写真は圓徳院の外壁ですが、この赤レンガは外国から輸入して築いた壁で、レンガが珍しい当時としてはモダンな雰囲気を作りました。

石塀小路看板

石塀小路に入る路地には、このガス燈のような電灯が掲げられていて、すぐにわかる

現在のような姿に完成したのは、昭和になって京都から市電が廃止されるようになって、市電に使われていた石畳をここに敷いたことからのようです。石塀小路が出来た頃には現在のように旅館や飲み屋さんはありませんでしたが、東山を舞台とした映画ロケが盛んにされた頃から、映画関係者を目当てとした旅館や飲食店などが建ち並び、現在のような姿になりました。今でもここの旅館を愛する映画関係者も多く、ここから夜には祇園に繰り出す事も多いようです。地元の方も町並みを大切に保存されています。取材したときは真夏でしたが、石塀小路は自動車の通行が制限されているので、住居を構えている人が道の真ん中でビニールプールで子供を遊ばせているのを見かけました。かつては京都のあちこちでこのような風景を見かけましたが、自動車優先の世の中になって、見かけることは出来なくなってきたので、見ていて微笑ましく思えました。

石塀小路の散策

石塀小路 土蔵

このような白壁の家もあり、大正期の面影が残っている

八坂神社から南に歩き、石塀小路を目指して歩くと、右の写真がありますが、大きな建物があるわけではなので、探し出すのに少し時間がかかります。しかし、小路に入ると石畳の道が続き、町の雰囲気はガラッと変わります。自動車の乗り入れ制限があるので、閑静な雰囲気があり、ゆったりとしてそぞろ歩きが出来ます。石畳なので夏場の照り返しがきつくなく、アスファルトの道を歩いているときの、うだるような感じがありません。

石塀小路 舞妓

石塀小路にはこのような風景がよく似合う

それぞれのお店を覗いてみると、一見料金が高そうなところが多そうなのですが、意外とリーズナブルなところもありますが、人気の観光スポットなので、早くから予約を入れないとなかなか泊まったりすることは難しそうです。しかし一見さんお断りの無いので、早い時期から予約すれば、宿泊できます。この通りは特別な許可がないと、自動車の通行が出来ないこともあり、町の情緒を楽しむのにゆっくりと歩くことが出来ます。通りの雰囲気もさることながら、少し足を伸ばすだけで、高台寺や八坂の五重塔に行くことが出来るので、京都東山観光をするにははずせまないところです。

石塀小路 地図

アクセス

阪急河原町駅下車徒歩東へ15分八坂神社を目印にして、神社の正門を南に歩くとあります。

公式ホームページはありません

周辺の観光・宿泊

観光地:  八坂神社  祇園  青蓮院  高台寺  建仁寺

宿泊施設:  料理旅館 花楽  ギオン福住  京都祇園ホテル
 祇園佐の  き乃ゑ

お食事処:  長楽館 ITALIAN CORAL  SODOH HIGASHIYAMA KYOTO  レストラン よねむら