京都タウンマップ
洛北/大徳寺・植物園周辺

top>>洛北>>釘抜地蔵

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

石像寺(釘抜地蔵)は市バス乾隆校前下車、上京区千本通上立売上ル東側、花車町にあります。京都市民は石像寺という正式名称より、釘抜きさんという通称名称の方が馴染み深く、すぐに理解されます。

 釘抜地蔵の歴史

釘と釘抜きは石像寺の代名詞

釘抜地蔵

石像寺の正式寺号は光明偏照院石像寺といい、山号はは家隆山で、もとは真言宗でしたが、現在では浄土宗百万遍知恩寺に属します。本堂に安置する石造地蔵菩薩像は、もろもろの苦しみを抜き取るというところから、苦抜地蔵といい、それがなまって釘抜地蔵と云われています。寺伝によれば、室町末期の弘治年間、油小路上長者町の紀ノ国尾道林という人が、両手の痛みに堪えかねて、病気平癒の祈願を込めたところ、満願の夜、夢中に地蔵尊が現れ

汝の痛みは前世に人を怨み、人形の両手に八寸の釘を打ち込んで呪ったその罪障によるものである。よってその釘を抜きとつて苦痛を救うてとらせよう

といって、二本の釘をしめすと思えば夢がさめ、両手の痛みはすでになかつたという。それより諸病平癒を祈願するものは、すべて身体に釘が刺さったといって祈ると霊験があるといい、御礼に釘と釘抜を小絵馬にして奉納する習わしがあります。これは苦抜ということから、かかる霊験談が生じたものと思われます。

釘抜地蔵

本堂の壁面には厄除けを祈願した釘抜きが貼り付けてある

当寺の創建由緒は、定かではありません。寺伝では弘法大師(空海)の開基とされていますが、確かではありません。山号を家隆山と号するのは、もとここに歌人藤原家隆が住していたからによると云われていますが、根拠があるわけではありません。藤原定家・家隆・寂蓮法師塔が、本堂背後の境内墓地にあります。いずれも平安末期より鎌倉時代に至る有名な歌人達ですが、これは後世に作った供養塔と考えられます。おそらく当寺は、千本蓮台野の墓地に至る沿道の地蔵堂として、祀られていたものでしょう。平安期には千本蓮台野は禁野で、そこには無数の塔婆や地蔵が林立していました。

  釘抜地蔵の散策

弘法大師が創建したと寺伝ではなっている

釘抜地蔵石像寺は千本通りに面していますが、自動車で探すとなかなか見つかりません。釘抜地蔵は京都市民に馴染みがあるので、大きな山門があるのかと想像して訪れると拍子抜けします。間口一間ほどの門をくぐり、短い参道を歩くと小さな山門があります。山門には不釣り合いな程の赤くて大きな提灯が下がっています。それには「釘抜地蔵尊」と書かれています。その左手にはモニュメントのような、大きな釘と釘抜きが立ててあります。山門を抜けると、右手に床机が幾つか並べてあり、そこでは多分ご近所の人たちなのでしょう、お年寄りや小さな子供を連れた女性が談笑していました。この光景には、少なからず驚きました。かつてはこのような(寺院が地域の交流の場である)風景は当たり前でしたが、今日の京都の諸寺院は観光化されてしまい、地域の寄り合い所という本来寺院が持っていた機能の一つが無くなりつつありますが、石像寺には残っていたからです。

参道脇の釘抜きには涎掛けが掛けてある

釘抜地蔵

再び参道を進むと本堂があります。本堂前には山門手前にあるのとはまた違う、釘と釘抜きのモニュメントがあります。本堂でお賽銭をお賽銭箱に投げ入れ、本堂の周囲を散策すると、本堂の壁一面に夥しいほどの釘と釘抜きが貼り付けられています。これらは信者が身体の痛みを抜き去ることを祈願し、奉納したものです。本堂自身はさほど大きくありませんが、この風景を見ていると、少し圧倒されます。本堂背後には、阿弥陀三尊石仏があります。中尊の阿弥陀如来坐像は花崗岩製、高さ約1.2メートル、雄健な二重蓮華盛上に定印をむすんで結伽妖坐しています。顔容温雅で、衣紋もまた流麗です。阿弥陀三尊石仏を寄進した佐伯為家は、治承2年(1178年)正月に従五位下になったことが、「山塊記」にありますが、その経歴は明らかではありません。阿弥陀三尊石仏右には、弘法加持水があります。弘法大師が加持祈祷にこの水を用いたものと伝えられていますが、創建の由緒同様、真偽の程は分かりません。

釘抜地蔵へのアクセス

〒603-8243  京都市上京区花車町503

TEL (075)414-2233

京都市市バス「千本上立売」下車、北へ徒歩約7分

駐車場  : なし

拝観時間  : 境内自由

オフィシャルホームページはありません

周辺の観光・宿泊

観光地: 大徳寺 今宮神社 金閣寺 千本釈迦堂

宿泊施設: ホテル然林房 京都ブライトンホテル 京都ガーデンパレス
宿屋西陣荘