京都タウンマップ
洛東/祇園・岡崎周辺

top>>洛東>>金戒光明寺

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

金戒光明寺は京都の北東部、左京区岡崎黒谷町にあります。紫雲山と号する浄土宗鎮西派四箇本山の一で、俗に黒谷と呼ばれています。近くには南禅寺や永観堂があり、京都の有数な観光地ですが、少し奥に入ると住宅街になっていて、静かな環境にあります。

   金戒光明寺の歴史

山門は中々の威容を誇る

金戒光明寺山門

平安末期である1175年(承安5年)、法然上人は比叡山黒谷から念仏弘通の霊地を求めて山を下り、この地にたどり着き、傍らにあった石に座ったところ、その石から紫雲光明が発せられるのを見て、これが自分の有縁の地と感じて、一字の草庵を結んだのが本寺の起りといわれています。法然はその後洛東吉水に移りましたが、なおこの草庵を捨てることなく、叡山黒谷とともに相往来して説法教化の道場としました。地名により白河禅房とも称したり、また新黒谷とも呼びましたが、中世浄土宗の興隆するに及んで浄土宗の大寺となって、単に黒谷の名をもって世に知られるようになりました。第5世恵顗の時に堂を整え、法然の見た縁起にちなみ紫雲山光明寺と号しました。第8世運空は後光厳天皇に戒を授けて、金戒の二字を賜り、金戒光明寺と呼ぶようになりました。応仁の乱などにかかつて数回火災の憂き目にあいましたが、その都度再建されて今日に至っています。

御影堂の作りも立派なもの

金戒光明寺御影堂

幕末の1862年(文久2年)に会津藩主松平容保が京都守護職の地位に就くと、容保は当寺を京都守護職会津藩の本陣とし、藩兵1,000人を京都に常駐させました。その後当寺には、新撰組の本陣が置かれます。新撰組は徳川幕府が文久2年に将軍上洛時の警護のため、浪士隊を結成したことに端を発します。翌年2月に集まった200名余りの浪士たちは将軍上洛に先がけ「浪士組」として一団を成し、京都に到着します。到着後、浪士組を天皇配下の兵力にする画策があり、それを巡って内部分裂します。一派は江戸に戻りますが、芹沢鴨を中心とした一派は京都に残り、新選組の前身である「壬生浪士組」を結成します。3月には老中板倉勝静は京都守護職松平容保に浪士差配を命じます。8月には武家伝奏より「新選組」の命名とともに、市中取締の命を松平容保から受け、主に不逞浪士の取り締まりと市中警備を任されるようになりました。新撰組といえば壬生寺が有名ですが、壬生寺は隊士の屯所で、活動拠点の中心地は黒谷光明寺です。当寺の山上墓地北東には約300坪の敷地に『会津藩殉難者墓地』があり、文久2年からの5年間に亡くなられた霊と鳥羽伏見の戦いの戦死者を祀る慰霊碑があります。昭和9年には御影堂・大方丈が火災により焼失しましたが、その他の建物は往時のままで、御影堂と大方丈も1944年(昭和19年)に再建されました。

  金戒光明寺の散策
金戒光明寺庭園

庭園もよく手入れがされている

取材に訪れた日は、寺の特別拝観日になっていて、山門など普段は立ち入ることが出来ない建造物を拝観することが出来ました。まずは山門に登ることにしました。山門は応仁の乱で消失した後1860年(万延元年)に再建された建築で、知恩院同様に壮観な雰囲気があります。急な階段を上り、楼上に上がると京都市内が一望できます。見晴らしがよいことで有名な南禅寺の山門は、楼上の前に木立や住宅が目に付き、京都市内を一望することは出来ません。一般的に有名なのは南禅寺の山門ですが、実際の見晴らしの良さは、ここの方がいいようです。楼上には釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩の他に十六羅漢の像が安置されています。これらの像の出来は素晴らしく、しばらく見入ってしまいます。天井には龍の水墨画あり、天井が低いので間近に迫って迫力があります。また山門には、「浄土眞宗最初門」の扁額が掲げられています。これは後小松天皇の宸翰で、最初門の最初とは、「浄土の真の教えを最初に説かれた地」ということです。山門を下りて正面階段を上がると、見えてくるのが御影堂です。御影堂が建立されたのは割と最近で、昭和19年に工学博士の天沼俊一氏が設計し、桁行七間・梁間七間・単層の入母屋造、本瓦茸の建物です。正面に向拝を附し、堂内には本尊法然上人自作の勧影像を安置します。御影堂の東にある大方丈は講堂とも称し、入母屋造、単層、本瓦茸の建物です。

阿弥陀堂の漆喰の白さに感心した

金戒光明寺阿弥陀堂

元は文化年間の建立されましたが、御影堂同様に昭和9年に火災により焼失し、1944年(昭和19年)に再建されました。第二次世界大戦の最中、この堂々とした建築物を建立するのは、相当な困難を伴ったと推察します。混乱した時代に出来た建物ですが、建物の作りはそれを感じさせず、非常に毅然としています。物資が不足し、宮大工らの多くは戦場に狩り出されている状況で、よく出来たものだと感心しました。阿弥陀堂は1612年(慶長10年)に豊臣秀頼が再建しました。堂内に安置する本尊阿弥陀如来像は、「乙女如来」または「鑿納めの如来」とよばれ、恵心僧都最後の作といわれています。これは本尊の胎内に、上人が彫刻に用いた器具を納めているという言い伝えがあるからです。阿弥陀堂は中には入れませんでしたが、約500年前に立てられたとは思えないほど建物の状態がよく、感心しました。柱や門扉を見るとそれなりの経年変化を感じますが、漆喰の壁や屋根瓦はよく手入れがされています。寺域内は諸堂を始め、どこも綺麗に整備され、拝観していて気持ちよくなります。会津藩や新撰組ゆかりのものも、訪れる人のことを考えて整備されています。これは中々出来ないことだと思います。

光明寺へのアクセス

〒606-8331  京都市左京区黒谷町121

TEL  075 771-2204

市バス5系統で「東天王町」下車、徒歩15分

拝観料:志納(特別公開時は別料金)

拝観時間  午前9時~午後4時

駐車場  有り(40台、有料800円/1日)

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

公式ホームページ  : http://www.kurodani.jp

上記記事の内容は2016年11月に取材したときの内容に基づいています

周辺の観光・宿泊

観光地: 南禅寺 平安神宮 永観堂 青蓮院

宿泊施設: ウェスティン都ホテル京都 八千代 京都トラベラーズ・イン