京都タウンマップ
洛東/祇園・岡崎周辺

top>>洛東>>宮川町

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

宮川町は鴨川の東岸を一筋東に入ったところにあり、北は四条通り、南は五条通りに面して、京都の五大花街に数えられています。祇園や木屋町などの繁華街に近く、昼間は静かな町並みですが夜の帷が降りると一気に町は華やぎます。

   宮川町の歴史

宮川町は石畳と京町家が並ぶ昔ながらの景観

宮川町町並み

宮川町を含む鴨東の地は、古くは洛外で鴨川がよく氾濫したので一般の人達は余り居住せず、卑賤な人達が多く住んでいました。宮川町が町として開かれたのは寛延年間(1748-50年)で、鴨川東の荒れ地を開いて町地とし、北の一丁目より南の八丁目までの至るところに道路を設け、これを宮川筋と呼びました。宮川とは四条から五条に至までの鴨川を称したもので、毎年七月十日の夜、四条橋上に於いておこなわれる祇園祭の「みこし洗い」の式に、橋下の水をくんで祓いをおこなうことからこの名が起きました。この地が花街になったのは宝暦元年(1751年)からと言われています。当初は一丁目(四条下ル)より六丁目(松原下ル)までの間を十ヵ年の期限付ででした。のちに七丁目(五条上ル)およびその東の西御門町(新宮川筋松原下ル)までになりました。

宮川町の家々の屋根には魔除けの鍾馗様が多い

鍾馗様

ここの特色は陰間(かげま)茶屋として発展したことです。陰間とは、客を相手に男色を売った男娼のことです。陰間の由来は、歌舞伎でまだ舞台に出ていない修行中の少年役者のことを「陰の間」の役者と呼んだことです。彼らには売色を兼業していたものが少なくなかったため、陰間が男娼を差す語となりました。これは四条河原の女歌舞伎が風紀を乱し、幕府の命で禁止させられたため、これにかわつて若衆歌舞伎の若衆が春を買ったことによります。お茶屋は子供茶屋、若衆茶屋、陰間茶屋などと呼ばれ、若衆達の名をかいた軒行燈をかかげて、客の求めに応じて歌舞・音曲を奏し、宴席に侍りました。歌舞伎俳優に音羽屋とか成駒屋などと呼ばれるのは、この若衆茶屋の屋号の名残りといわれ、初代菊五郎、多見蔵らはここから出た歌舞伎役者と伝えられています。天保13年(1842年)幕府の禁圧でこれらの若衆は姿を消しましたが、娼妓を芸妓に仕立ることによって追放を逃れました。これによって両者が同居することとなり、祇園町や先斗町を圧倒して近年まで隆盛を維持してきました。しかし買春防止法によって娼妓を廃してからは芸妓だけとなり、また戦前は三〇〇軒を教えたお茶屋も、いまは二〇軒余りとなってしまいました。

  宮川町の散策

宮川町歌舞練場。ここは舞妓・芸妓の修行の場

宮川町歌舞練場

宮川町を昼間に散策しても、小さな店が点在しているだけで余り観光に適した町並みではありません。御茶屋さんはいわゆる「一見さんお断り」なので、簡単に入ることはできません。しかし先斗町同様、道路は石畳が敷かれ、整然とした町並みと京町家は歩いていると気持ちよくなります。京都の中心部では、京町家が取り壊されてマンションが建設される風景が見受けられますが、この一帯はそういったこともなく、昔ながらの京都の町並みを目で味わうことができます。御茶屋さんを営んでいる町家は一見して分かります。建物自体が非常にきれいで、玄関先には必ず「御茶屋」の看板が掲げられています。それとこれは必ずある訳ではありませんが、玄関の軒先には竹矢来があったり、屋根には魔除けの鍾馗様の瓦が乗っています。玄関に提灯も掲げられていますが、これは御茶屋さんでなくとも掲げているところもあるので、注意が必要です。散策していると舞妓さんや芸妓さんに遭遇することもあります。

京都ゑびす神社を入った右手に二つの塚がある

京都ゑびす神社

宮川筋三丁目と四丁目の間に宮川町歌舞練場があります。ここは宮川町の舞妓さんの芸事の稽古場兼芸の発表の場で、年に一度行われる「みずゑ會」の会場となっています。歌舞練場には東山女子技芸学校があり、舞妓さんはここに通って、日本舞踊(若柳流)、長唄、常磐津、笛、茶道、鳴物、箏・地歌、小唄・端唄の稽古をします(そのうち、日本舞踊、三味線、囃子(鳴物、笛)茶道が必須科目です)。歌舞練場の裏にはゑびす神社があります。京都のゑびす神社は西宮・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称され、「えべっさん」の名で親しまれています。起源は建仁寺を創建した栄西禅師が建仁寺建立に当たり、その鎮守として建てられたとされています。西宮と今宮と同様、お正月の初えびすには多くの参詣客で賑わいます。今回の取材で久しぶりにゑびす神社に参拝したのですが、正門脇に名刺塚と財布塚がありました。両方の塚がいつからできたのか確認していませんが、財布塚は商売繁盛を祈願する神社にふさわしい塚と感じました。

宮川町へのアクセス

京阪四条駅より歩いて5分

宮川町お茶屋組合のホームページ  : http://www.miyagawacho.jp

宮川周辺の観光・宿泊

観光地: 祇園 木屋町 建仁寺 六波羅蜜寺 八坂

宿泊施設: ゲストパレス舞風館 ぎおん畑中 ギオン福住 料理旅館花楽