京都タウンマップ
嵯峨・嵐山方面

top>>嵯峨・嵐山>>妙心寺

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

妙心寺は、臨済宗妙心寺派大本山の寺院で、山号は正法山です。本尊は釈迦如来、開基は花園法皇、開山は関山慧玄(無相大師)です。日本にある臨済宗寺院約6,000ヶ寺のうち、約3,500ヶ寺を妙心寺派で占めます。

 妙心寺の歴史 妙心寺仏殿

仏殿には「祈祷」と書かれた扁額が掲げられている。

平安京の北西部を占める妙心寺の地には、花園上皇の離宮・萩原殿がありました。花園上皇は、建武2年(1335年)落飾して法皇となり、その離宮を禅寺に改めることを発願しました。花園法皇の師は大徳寺開山の宗峰妙超(大燈国師)で、宗峰は建武4年(1337年)に亡くなりますが、臨終間近の宗峰に花園法皇が「師の亡き後、自分は誰に法を問えばよいか」と尋ねたところ、宗峰は高弟の関山慧玄を推挙します。更に花園法皇は離宮を禅寺の根本道場にしようとしていて、その山号・寺号を求めたところ、宗峰は「拈華微笑(ねんげみしょう)」の因縁を踏まえて、「正法山妙心禅寺」を授けたあと、亡くなりました。

妙心寺三門 三門の楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られている。

その頃、美濃の伊深隠棲していた関山は、都に戻ることを固持してましたが、師僧・宗峰の遺命と花園法皇の院宣があっては辞去するわけにはいかず、暦応5年/康永元年(1342年)、花園離宮に法皇を拝謁し、妙心寺の開山となりました。関山慧玄の禅風は厳格で、枯淡を極めました。現存する関山着用の袈裟は藤の蔓をまいて還としたものを用いています。関山には他の高僧のような「語録」はなく、生前に描かれた肖像もなく、遺筆も弟子の授翁宗弼に書き与えた印可状のほかほとんど残されていません。

妙心寺法堂法堂には狩野探幽の筆による雲龍図がある。

妙心寺6世住持の拙堂宗朴は、妙心寺住山以前は、河内の観音寺に住していましたが、その壇越大内義弘が足利氏に反旗を翻したため、将軍足利義満の怒りを買いました。応永6年(1399年)、義満は妙心寺の寺領を没収し、拙堂宗朴は大内義弘に連座して粟田口青蓮院に幽閉の身となりました。義満は更に叔父の南禅寺徳雲院の廷用に妙心寺を管理させ、寺名も龍興寺に改めさせます。このとき妙心寺は中絶してしまいます。しかし廷用は妙心寺の復興を計り、永享4年(1432年)に犬山の瑞泉寺の日峰宗舜を迎えて、妙心寺を中興させます。その間の30年間の間は、荒廃を極めました。しかし日峰などが復興に努め、寺勢は大きくなります。しかし応仁の乱によって伽藍は灰燼に帰しました。

天龍寺明智風呂 大方丈は明治32年年の建築。

しかし雪江宗深を禅師とする細川勝元の助力や、文明9年(1477年)に後土御門天皇の「妙心寺再興の綸旨」が下されたことにより、寺は再興されました。また雪江は寺の経済的裏付けの基礎になった「正法山妙心寺米銭納下帳」の制度を確立しましたが、このことが「妙心寺の算盤面」と言われる所以となりました。慶長4年(1599年)に三門が落成したのをはじめとして、江戸前期に大方丈、法堂、庫裏、浴室などが次々と完成しました。現在の伽藍群は大徳寺と並び近世の禅寺寺院としては最も整備されています。また江戸時代には「紫衣事件」が起きていますが、このことは『大徳寺』のページに簡単に記載していますので、そちらをご覧下さい。

  妙心寺の散策
妙心寺方丈

浴室は一般的には「明智風呂」と呼ばれている。

JR花園駅を降りて10分足らず北に歩くと、妙心寺の勅使門が見えてきます。勅使門は天皇又は天皇の使者が人山する時か妙心寺住持が晋山する時にだけ開門されます。慶長15年(1610年)に総門として建てられました。妙心寺に入るには、この門ではなく、東隣の南総門からになります。総門を潜り、少し歩くと右手に浴室があります。この浴室は、通称「明智風呂」と呼ばれています。天正15年(1587年)に明智光秀の叔父、密宗和尚が光秀の菩提を弔って創建したと言われています。浴室の内部は、禅寺では蒸し風呂になっていますが、妙心寺の浴室もそうで、実際に昭和の初期まで使われていたようです。

妙心寺庫裏 三門の楼上には、観世音菩薩と十六羅漢が祀られている。

浴室の斜め北には、放生池に架かる石橋越しの松の合間に朱色の三門があります。慶長4年(1599年)に建立され、楼上中央の須弥壇には観音菩薩と十六羅漢像を安置しますが、一般公開はしていませんし、普段も門を開ける事はありません。三門はなかなか大きな門で、大徳寺の三門は正面から見る事は出来ませんが、妙心寺の三門は正面から見られるので、その大きさを実感できます。三門の北には仏殿・法堂が続きます。仏殿の創建は、天正11年(1583年)です。内部正面には本尊釈迦如来、脇に伽葉、阿難両尊者像が安置されています。文政13年(1830年)に改築されました。一般公開はされていません。仏殿北の法堂は明暦2年(1656年)の創建です。内部の天井画は狩野探幽の筆による雲龍図が見られます。力強い筆致で、他で拝観が出来る雲龍図の中でも一番力強さが感じられます。内部のケヤキの柱は、原木を四つ割にして丸く削られたもので、高さは8メートル、周囲は2メートル弱で、富士山麓より海路によって運ばれてきました。こちらは拝観料を払うと、見学する事が出来ます。(大人:500円・中学生:300円・小学生:100円)

妙心寺へのアクセス

〒616-8385  京都府京都市右京区花園妙心寺町64

TEL  (075) 881-1235

JR花園駅 下車徒歩10分

駐車場  : 専用駐車場があります。(無料)

拝観時間  8:30 ~ 17:30

拝観料金  : 大人、大学生、高校生500円  小、中生300円  法堂参拝の場合は500円追加

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://www.rinnou.net/cont_03/01myosin/index.html

妙心寺周辺の観光

観光地:天竜寺大覚寺仁和寺広隆寺