京都タウンマップ
洛中/二条城・御所周辺

top>>洛中>>六角堂

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

六角堂

正式名称は頂法寺だが、門柱は「六角堂」

正式名称は頂法寺。本堂が六角宝形造なところから、一般に「六角堂」の名で呼ばれるようになりました。頂法寺は天台宗系の単立寺院で、山号は紫雲山。開基は聖徳太子で、四天王建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた際に、霊のお告によってこの地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられています。本尊は太子の護持仏といわれる御丈1寸8分(約5.5cm)の如意輪観世音菩薩で、平安時代から霊験をたたえた記録や説話も数多く残っています。この他に親鸞像、毘沙門天立像(重文)などを安置する。早くから人々の崇敬を受け、弘仁13年(822年)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳2年(996年)には花山法皇御幸があり、西国三十三カ所観音霊場(現十八番の札所)となったと伝えられています。朝早くから地域の方が参詣に訪れて、人々の篤い信仰があることが伺えます。また堂内も綺麗に清掃されていて、お参りをしていても清々しい感じがします。堂内の北側には池坊の出入り口があるのも、他の寺院には無い事です。

 六角堂の歴史

六角堂本堂『六角堂頂法寺縁起』は次のように伝えています。聖徳太子が幼い頃に授かった如意輪観音に、蘇我氏と物部氏との戦いに願を掛けて、勝利した後に報恩のため四天王寺を建立しようとします。その用材を求めて現在の六角堂の地を訪れます。そのとき、太子は池で水浴をするのに、傍らの多良の木の枝に持仏の箱を掛けておいたところ、如意輪観音像は離れなくなってしまいます。仏のお告げの夢にによりその観音がこの地にとどまり衆生を済度することを希望したので、その観音像を現在地に安置しのが、寺の始まりとされています。その後建仁元年(1201年)親鸞が、毎夜、比叡山より当寺本堂に百日参籠したとき、その九十五日目の夢で、本尊から「法然の元へ行け」との告げがありました。これによってまた再び百日参籠し、六角堂から法然の許へと通いました。それから二年後、また夢中に「行者宿報設女犯・我成玉女身被犯・一生之間能荘厳・臨終引導生極楽」の喝文を授かり、これによって、浄土真宗を開かれました。六角堂の境内に親鸞堂がありますが、この内部には比叡山から六角堂本堂に参籠して、又再び比叡山に帰る姿を彫った御影があります。平安遷都の折、東西小路のひと筋が通る所に六角堂があたってしまい天皇が使者をたてて今少し南北どちらかに御動座頂くよう祈願されると、礎石(へそ石)一つ残し御堂がにわかに5丈(約15m)ばかり北へ退いた話は有名です。この寺の本堂である六角堂は寺内塔頭で、頂法寺の本坊にあたる池坊が執行として代々経営・管理に当たってきました。池坊の名は、聖徳太子が水浴したという池にちなんでなづけられたものです。古くから六角堂はこの地区の中心的存在で、室町時代にも有事の際には六角堂の境内に人々は集まりました。

  六角堂の散策

礎石(へそ石)は、京都の中心とも言われている。

六角堂へそ石六角堂の境内は狭く、歩いて廻っても直ぐに終わります。しかしよく見て歩くと、境内にある建物が興味深いものばかりで見る者を飽きさせません。本堂はこじんまりとしていますが、味わい深い建物で、太子をお奉りする品に見入ったりします。境内東側にある親鸞堂は比較的新しい建物で、内部には親鸞ゆかりの『草履の御影』があり、外から見る事が出来ます。また六角堂は生け花の池坊とは切り離せない存在で、境内の北側が池坊の入り口になっています。池坊の僧は、頂法寺の住持として本尊の如意輪観音に花を供えることとなっており、花の生け方に別格の妙技を見せることで評判となっていたことが15世紀の記録に残されています。文明年間(1469年-1486年)に池坊12世専慶が立花の名手として知られ、ここから池坊としての立花が生じ、天文年間(1532年-1555年)には、池坊13世専応が度々宮中に招かれて花を立て、また「池坊専応口伝」を表して立花の理論と技術を初めて総合的に体系化しました。

六角堂親鸞堂頂法寺が生け花の始祖になったのには、頂法寺が天台宗である事と関係があります。天台宗は密教と深く結びつき、日本の密教は霊山を神聖視する在来の山岳信仰とも結びつき、修験道など後の神仏習合の主体ともなりました。修験者は修行で山野に分け入り、野に咲く花々を神仏に供花していました。神仏に花を供する時は、真っ直ぐに立てるのが基本です。また薬効を期待して服用し、病気を治したりしました。こうして修験者は薬草として草木の事に詳しくなると共に、供花する時の形を発展させます。近世の頂法寺には、境内に役行者堂があり、近年まで本山派修験の聖護院に属し、重責を担う修験寺院のひとつでした。当初は「立て花」と称されていた供花の形が発展して、現在の華道になりました。現実に古くから存在する華道の家元の多くは、天台宗・真言宗に属する密教系寺院の住職が殆どと言っても過言ではありません。

親鸞堂は小さいながらも美しい。

六角堂

境内の一角に生け花のモニュメントがある。

六角堂へのアクセス

〒604-8134  京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248

TEL (075)221-2686

地下鉄東西線「烏丸御池駅」出口5番下車3分

専用駐車場はありません。近くに民営駐車場があります。

拝観時間…6:00~17:00

拝観料……境内自由

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

周辺の観光・宿泊

観光地: 錦市場 木屋町 先斗町 鴨川

宿泊施設: 旅庵花月 日昇別荘 京乃宿 加ぎ平 綿善旅館 旅館三賀