京都タウンマップ
洛中/二条城・御所周辺

top>>洛中>>西院

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

現在の西院は阪急西院駅を中心として、東西は四条通、南北は西大路通りがあり、京都の交通の要衝として自動車の通行量が多い地域です。朝夕は、通勤や通学でバスや阪急電車、京福電鉄を乗り換える乗降客で、いつもごった返しています。最近は大きな商業ビルが開業されて、今までにも増して、人通りが増えました。しかし平安時代は現在とは違い、葬送の地でした。

    西院の歴史

高山寺はかつては大きな寺領があった。

西院 高山寺

西院の西には、春日通り(別称佐井通り)がありますが、これは平安京ができたときには佐比大路(道祖大路)です。この大路に沿って流れていたのが佐井川で、この川では淳和天皇の禊祓いが行われていました。この川は平安中期には、川幅は4メートルから7メートルぐらいで、広いところでは30メートルにもなる大きな川でした。この川では、淳和天皇が河原で禊祓いが行われていて、また佐比大路と四条通の東北付近には淳和天皇の離宮(離宮淳和院)がありました。この離宮が御所から見て西の方角にあったので、淳和院が「西院」と呼ぶようになり、そしてこの地域も「西院」と呼ぶようになり、現在に至ります。淳和天皇の死後、多くの天皇の離宮が寺院になったように、この離宮は現在では西院の北東角にある高山寺(こうさんじ)です。また佐井川には、賽の河原があったと伝えられていて、かつては乳幼児の死んだ際に、都に古くから伝えられている『賽の河原地蔵和讃』が、通夜などで唱えられていました。今では賽の河原地蔵は、高山寺に祀られています。

高山寺 賽の河原地蔵

一番大きな地蔵は人の背丈ほどある。

現在の高山寺はさほど大きな寺院ではありませんが、離宮淳和院は天皇の離宮だけあって、大きさは西は西大路通りから東は御前通りぐらいまであり、広大な敷地を占めていましたが、戦乱等で次第に敷地が小さくなり、秀吉が聚楽第を設けた時に、京福電鉄西院駅付近にあったのが、現在の敷地に移転しました。阪急西院駅は昭和初期に当時の京阪電気鉄道が、京都の中心部を全線地下鉄にして、開業予定の駅の一つでしたが、昭和天皇の即位大典に間に合わせるのに、昭和三年に天神橋と西院の区間が先行して開業しました。これは関西では初の地下鉄になります。地下鉄にしたのは、先に京福電鉄が線路を設置して開業していたので、それを避けるためでした。佐井川は昭和の初期までは流れが見られましたが、今は暗渠になっています。京都は地下水の豊富な土地で、一説には琵琶湖と同じぐらいの地下水が蓄えられていると言われています。この地下水は京都の地に一様に分布しているのではなく、南西の地区に多くあります。そのために現在の西院から南は水はけが良くなく、どちらかと言うと人が住むより農業に適していました。また、地下水以外にも佐井川などの川が、よく氾濫した事もこの地が湿潤となった要因になっていました。もし現代人が平安期に西院の地に戻れたなら、現在と違い、荒涼とした風景が広がっている事に驚くに違いありません。

西院

現在の西院から平安期に葬送の地である事は想像できない。

西院の散策

鉄道会社によって駅の読ませ方が違う。

西院駅阪急西院駅を下りると、最初に目に入るのが大型商業ビルのアフレ西院です。地上6階建地下2階で、2007年の9月に開業しました。西院にももちろん商業ビルはありましたが、このような大型商業ビルは初めてで、出来た時には西院にもこのような大きな商業ビルが出来たことに少なからず驚きました。信号を渡り、交差点の北東にあるのが、高山寺です。山門は小さく、やもすると見落としがちになりそうです。山門の右手に門柱があり、寺名の上に「西院(さい)之河原旧跡」とあります。また左手にも門柱があり、それには「淳和院跡」とあります。山門をくぐるとまず目に付くのが、大きな河原地蔵です。通常地蔵様は人の膝丈ぐらいを想像するのですが、一番大きい地蔵様は人の大きさほどあります。他にも大小の地蔵がありますが、これらの地蔵は昭和初期に地下鉄の工事をする際、佐井川を浚渫した時に出てきた地蔵で、この地域がかつて賽の河原であったことを示します。正面には山門同様に小さな本堂があり、わずかにガラス障子から内部を伺うことが出来ました。

京都西院春日神社高山寺を出てから西に歩き、交差点を渡り100メートルほど歩くと、春日通りがあります。春日通りを北に行くと、この通りの名前の由来となった、春日神社があります。正式名称は、京都西院春日神社と言います。天長10年(833年)に淳和天皇が皇位を退位して淳和院に移った際、奈良の春日大社に分霊を勧進して出来た神社で、長い歴史があります。秋には大きなお祭りがあり、多くの参拝者で賑わいます。以来皇室との関わりが深く、歴代の天皇から病気平癒や厄除けの祈祷を命ぜられています。境内は小さいながらも立派な本殿や舞殿もあり、さながら小型春日大社と言った面持ちです。

春日神社は小さいながらも厳粛とした面持ちがある。

西院界隈は観光地としては、あまり注目されていない地域ですが、子細に見ていくとそれなりに味わい深いスポットがあり、紹介のされ方によっては多くの人の関心が集まる所に思われます。

西院へのアクセス

阪急電鉄「西院駅」下車 : すぐ

周辺の観光・宿泊

観光地: 二条城 京都御所 北野天満宮

宿泊施設: リノホテル京都