京都タウンマップ
洛東/祇園・岡崎周辺

top>>洛東>>三十三間堂

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

三十三間堂 通称「三十三間堂」の本堂は正式名には、蓮華王院です。

三十三間堂の歴史

三十三間堂の正式名称は蓮華王院本堂で、同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理しています。妙法院は最澄が開祖の天台宗門跡寺院で、かつては方広寺も管理下 に置いていました。創建当時は後白河法皇が離宮内に立てた仏堂です。1164年(長寛2年)に仏殿を建立し、ここに千眼観音像千一体と二十八部衆を安置し、蓮華王院と称したのが、起こりとなっています。次いで、五重塔・不動堂・北斗堂などが建てられ、諸堂甍を並べて偉観を誇りましたが、1249年(建長元年)に焼失してしまいました。現在の建物は創建当時の物ではなく、鎌倉期の1266年(文永3年)に再建されたのが現存のものです。本堂は三十五間単層、入母屋造り、本瓦葺きの大堂です。これは平安期の末期に現れた、千体観音堂の形式を伝える唯一の遺構です。本堂の柱の間の数が33あることから三十三間堂と呼ばれます。これは観音の慈悲が、三十三相に示現するという経旨から来るものです。本堂中央に安置されている本尊の十一面千手観音座像は、湛慶の作で、十一面千手観音立像も千一体も湛慶とその弟子による作とされています。京都市内の建造物は大抵、応仁の乱のときに焼失していますが、ここは珍しく 残っています。

三十三間堂の散策

三十三間堂 本堂これは本堂の裏側。ここで毎年いわゆる「通し矢」がおこなわれます。

三十三間堂に入って圧倒されるのは千体千手観音立像で、しばらくの間、見入ってしまいます。仏像の作者は様々で、千体の内で作者が解っているのは半分ほどです。同じ作者の物でも、表情や衣服の感じが微妙に違っていて、それぞれを見比べてみるのも楽しいです。これは重要文化財に指定されています。またこの千体千手観音立像に囲まれて安置しているのが、国宝の千手観音座像で、鎌倉期の再建時に、大仏師湛慶が、同族の弟子を率いて完成させたものです。(堂内は撮影禁止なので、千体千手観音立像の写真を掲載する事は出来ません。)

築地塀は太閤塀ともいう。元は西面にもあったが、現在は残っていない。丹塗りがまぶしい。

三十三間堂 太閤塀

三十三間堂で有名なのが通し矢で、「大的大会」が正式名称です。以前は1月15日の小正月の成人式に行われていましたが、昨今では1月15日に一番近い日曜日に設定されています。これは江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、その始まりは不明ですが、桃山時代にはすでに行なわれたようです。三十三間堂の裏手で、南端に的を置き、北端から矢を放ってこれに当てるものです。江戸時代の通し矢では、一昼夜のうちに何本的に当てられるかを競ったと伝えられています。

三十三間堂のアクセス

〒605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り町657

TEL:075-222-4130

京阪七条駅より徒歩で約15分

専用無料駐車場あり(50台)。

拝観料金  : 一般600円・高校中学400円・子供300円(30名様以上は団体割引)

ホームページ  http://www.sanjusangendo.jp/

周辺の観光・宿泊

観光地: 清水寺 東福寺 泉涌寺

宿泊施設: ハイアットリージェンシー京都 ホテル東山閣 ホテルグラン京都清水