京都タウンマップ
洛中/二条城・御所周辺

top>>洛中>>寺町

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

寺町通りは、今出川から北に寺院が多い。

寺町       寺町の歴史

寺町通りは京都の歴の中では比較的新しい通り名です。平安朝の頃は東京極大路という幅員32mもの大路でしたが、応仁の乱ですっかり変容してしまいました。天正18年(1590年)に豊臣秀吉が応仁の乱で焼け果てた都を整備するとき、都に点在していた寺院を一つの地域に集めることを考えつき、集めた場所が現在の寺町通りです。その時集められた寺院の数は北は鞍馬口通りから南は橋通り(現在の五条通り)に至るまでに、80以上に上りました。東京極通りが出来た当初は、染殿・京極殿・東北院・法成寺などがありましたが、平安時代の後期になると貴族の邸宅が建てられるようになり、西の嵯峨野と並び都の高級住宅街になっていきました。

寺町電気店

四条通以南の電気店の数が少なくなった。

しかし応仁の乱ですっかり荒廃し、道路が失われるような状況でした。しかし秀吉の命で寺院が集められてから、それらを商売相手とした数珠屋・筆屋・奉書屋などの店が軒を連ねるようになり、繁華な人通りを取り戻す事が出来ました。秀吉が寺院をこの地に集積したのは、いくつか説がありますが、これといった決定的なのは未だに確定していません。説の一つには、寺院を都の東部に並べることにより、東国から攻め込められた時に盾代わりにする、というものです。しかしこれも推測でしかありません。江戸時代中期の安永年間に刊行された「都名所図会」の巻一にかゝげる挿絵をみると、三条から四条までのあいだには、寺町通を正面とする大小さまざまの寺院が甍をならべているさまが描かれ、そのあいだには一軒の民家さえもなかったことが想像される。しかし、幕末の戦乱によって御所に近いこともあり、かなりの寺院が焼失してしまいました。明治初期に新京極を作るときにも、京都府が寺院の敷地を接収して、縮小したことも、寺院の存在感を少なくした理由になっています。又明治28年(1895年)以降は路面電車が寺町通りを走っていた事もありました。京都人にとって「寺町」の名称は電気店街の代名詞になっていますが、それでも今でも寺町通りには、電気店の数より寺院の数の方が多いのです。

寺町三嶋亭

三嶋亭は京都で初めて牛鍋を出した。

寺町の散策

とり市老舗は京都産の春は筍・秋には松茸を販売する。

寺町とり市老舗寺町通の最南端は五条通に面しています。通りを南から歩いていくとまず目に入るのが、多くの電気店です。しかし最近は大型電気店に押されて、店じまいをする店が多くなりました。人通りもかつてのほどではなく、京都市民としては少し寂しい感じがします。四条通りを過ぎるとショッピングアーケードがあります。以前は隣の新京極アーケードに比べて人通りが少なかったのですが、平成元年にアーケードを新装してから人通りが多くなりました。隣の新京極アーケードの商店が修学旅行相手の若者向けの店が多いのに対しして、寺町通りの店はもう少し対象年齢が高いようです。

一保堂のお茶は通販でも手に入る。

寺町一保堂寺町三条には京都でも有数の食材屋があります。それは牛肉販売の三嶋亭と京野菜のとり市老舗です。三嶋亭は明治6年に開業した、京都で初めて牛鍋を提供したお店です。今でも店内ですき焼きが食べられるほか、店頭でも肉の販売をしています(少々お値段は高いですが、肉質は最高級です)。とり市老舗は京都産の春は筍・秋には松茸を販売するお店で、春秋の観光シーズンにはこのお店を目指してくるお客さんも少なくありません。少し北に歩きますと、鳩居堂があります。ここにはお香・筆・墨・和文具などを販売していて、京都の雅を感じるお店です。御池通の手前には本能寺がありますが、ここは本能寺の変があった本来の場所ではなく、変で焼失した後、現在の位置に移りました。御池通を過ぎると、ここにも京都らしいお店が続きます。お茶の一保堂、和紙の紙司・柿本、書道具の古梅園などかつてお寺を相手とした商店が並びます。丸太町通りを過ぎると、通りの西側は今出川通りまでは御所になります。丸太町から700メートルほど北に行き、東側には源氏物語で有名な櫨山寺があります。

阿弥陀寺には織田信長の墓がある。

寺町阿弥陀寺今出川通りを過ぎると寺町の雰囲気がグッと濃くなります。この周辺には多くの寺がありますが、中でも注目するのが、阿弥陀寺です。ここには本能寺で明智光秀に不意打ちを討たれた織田信長の墓があります。信長の墓としては大徳寺の総見院がありますが、総見院は秀吉が信長の菩提を弔うために建立された寺院ですが、阿弥陀寺は本能寺の変で亡骸になった信長の他に、側近の森蘭丸などの遺骨を玉誉清玉が阿弥陀寺に持ち帰り、弔ったとされる墓があります。信長の墓は大きく、彼の性格のように屹然としていました。又蘭丸らの墓は傍で側近らしく、寄り添うように並んで建っていました。

寺町阿弥陀寺織田信長の墓寺町通りは電気店街があり、商店街があり、寺院が軒を連ねたりなど、この通りほど変化に富んだ通りは京都でも少なく、散策しがいのある界隈です。

アクセス

〒604-8071  京都市中京区寺町通三条下る永楽町232番地  ダイシンビル3F

TEL (075)241-0084

上記情報は寺町京極商店街振興組合の住所及び電話番号です

阪急電鉄「烏丸駅下車」下車 : 徒歩10分

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://www.kyoto-teramachi.or.jp/

〒604-8081  京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町523番地  株式会社  大芳  内

上記情報は寺町専門店会商店街振興組合の住所です

地下鉄東西線「市役所前駅」すぐ

その他詳しくはホームページをご覧下さい。

ホームページ  : http://www.teramachi-senmontenkai.jp/