京都タウンマップ
伏見・醍醐方面

top>>伏見・醍醐方面>>鳥羽

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

鳥羽は京都市南部に位置して、北は十条通り、南は名神高速京都南インター城南宮辺り、西は千本通り、東は新堀川ぐらいを境とした広い地域を指し、北半分を上鳥羽、南半分を下鳥羽と呼んでいます。鳥羽の名称は、元は鴨川と桂川との合流点近くを指し、伏見・山崎と並んで京都の水上交通の要衝でした。この辺りは主に住宅地ですが、少し東に行くと国道一号線や、名神高速京都南インターチェンジがあり、自動車を利用した京都の南玄関口になっています。

    鳥羽の歴史

白河天皇陵はゆかりの深い鳥羽の地に作られた

白河天皇陵

「鳥羽」の地名は京都だけでなく、全国各地に散在しています。代表的なのは三重県にある鳥羽市で、かつては日本一の規模を誇った鳥羽水族館があります。それらの地名に共通しているのが、その土地の近くに川や海といった水辺があることです。すなわち「鳥羽」の地名の由来は、水に関係しています。「トバ」という言葉を分解して、「ト」と「バ」に分けます。「ト」はセト(瀬戸)、ミナト(水門)などの「ト」と同じで、古代でツは(津)もト(津、門)と呼んでいました。木津川下流にある淀も人が着き寄るというヨリト(寄津)が変形したものです。「バ」は、単に場所の「バ」と解釈することも出来ますが、少し視線を変えて見てみると、別の解釈も出来ます。上鳥羽周辺には田中神社・飛鳥田神社・安須加多神社などの古社があり、これらには別雷神と市杵島姫命が祀られています。他にも神川神社・久何神社・国中神社などもあり、古くからのマツリゴトが行われていました。これらのマツリゴトには清めの儀式で水の流れ(川)が必要で、鳥羽で祭祀が盛んに行われていたのが分かります。この様に祭祀が行われた場所をイサニハ(斎庭)と言います。鳥羽の「バ」はこのイサニハの「ハ」が「バ」に転化されたのと思います。三重の鳥羽も伊勢神宮の斎庭と思えます。水辺に近い斎庭をトニハ(津庭)と言い、それがトバ(鳥羽)に転化したと思われます。また、鳥羽は先に書いたように、水上交通の要衝です。「トニハ」には、「泊まり場」の意味がある「門庭(トニハ)」の可能性もあります。

鳥羽離宮跡公園 石碑石碑一面に漢文の文章が彫られている

鳥羽は平安時代になると、急速に発展します。九世紀未に藤原時平が別荘を造営した後、藤原李綱が白河天皇にその地を献上し、1086年(応徳3年)に白河天皇の別荘である鳥羽離宮が造営されました。敷地規模は非常に大きく、『扶桑略記』には、「池広南北八町、東西六町、水深八尺余有り」と記されています。その後も北殿・馬場・馬場御所・泉殿などが造営され、それに連れて多くの人の移動があり、近習・卿相・侍臣・地下雑人らに家地が与えられ、「都遷」と称されるほどでした。そして上皇となった白河は、自らの墓所となる三重塔と成菩提院を建立しました。上皇はここで歌会や舞楽の宴が催されたり、石清水八幡宮への行幸を行ったりしていました。しかし白河上皇没後は、離宮は急速に荒廃していきます。洪水や火災による焼失、さらに1179年(治承3年)に平清盛が後白河法皇を鳥羽離宮に幽閉したこともあって、破壊が進みました。しかし、後鳥羽上皇が行幸を行ったので、再び離宮に活気が戻りました。それも長くは続きません。後鳥羽上皇が鎌倉幕府転覆を謀り、兵を興した承久の乱は完全に敗北に終わり、上皇は隠岐に流罪となりました。それまで危うい均衡が保たれていた朝廷と鎌倉幕府との力関係は、一気に幕府の力が強くなり、朝廷は衰えていきます。それに伴い、鳥羽離宮は放置され、再び荒廃が進み、南北朝の動乱で灰燼に帰し、かつての栄華を取り戻すことはありませんでした。鳥羽離宮があったところは、現在では城南宮や安楽寿院、白河・鳥羽・近衛各天皇陵があります。特に城南宮は、鳥羽離宮の面影を残していると言われ、多くの参詣者が訪れます。鳥羽の地は、幕末に再び歴史の舞台になります。大阪から北上した幕府軍は、鳥羽で官軍と激しい戦闘が繰り広げられ、多くの死傷者が出ました。鳥羽の地は、京都の栄枯衰勢を見てきたといえます。

    鳥羽の散策

この地に鳥羽離宮があったことを記した立て看板がある

鳥羽 立て看板鳥羽は冒頭にも書いたとおり、京都市南部の広い範囲を占め、国道一号線を中心として、交通流量の多い地域です。地域としては広い面積を有していますが、観光するところはあまり多くはありません。観光の中心となるのは、城南宮を中心とした一帯です。城南宮は先ほども書いたように、鳥羽離宮の面影を残す神社で、春の曲水の宴には多くの観光客が訪れます。詳しくは、城南宮をご覧ください。城南宮から東に数百メートル離れたところに、白河天皇陵があります。白河天皇は、ご存じのように平安時代の代表的な天皇で、この頃が大和朝廷の全盛期かもしれません。貴族は歌会や宴に明け暮れ、まさに我が世の春を謳歌していました。その陰で百姓などの階層は飢えに苦しみ、不満が鬱積して、後に関東武士が朝廷に反旗を翻して、鎌倉幕府が成立したのはご存じの通りです。この近くには、鳥羽・近衛天皇陵もあります。白河上皇の菩提所として建立された成菩提院は、広大なものでしたが、白河天皇陵は隣にある会社と比べて同じくらいで、注意しないとそれが白河天皇陵であるとはわかりません。

鳥羽離宮跡公園にある鳥羽伏見の戦いを記した石碑

鳥羽 鳥羽伏見の戦いを記した石碑城南宮から国道一号線を渡って、少し歩くと鳥羽離宮跡公園があります。ここは休日になると、少年野球や少年サッカーで賑わう長閑な公園ですが、敷地内にはそこかしこに歴史を物語る記念物があります。公園南には、鳥羽離宮南殿跡の看板があり、かつてここに鳥羽離宮があったことを伝える内容が記されています。公園北には、「鳥羽洛南之名勝也」で始まる大きな石碑が小山に建っています。この小山も鳥羽離宮の遺物で、傍には池があり、鯉が沢山泳いでいます。この石碑は明治四十五年に建てられ、鳥羽離宮や幕末維新のことなど、この地で起きた歴史が記されています。文章はすべて漢文で書かれ、最後に建立に携わった貴族院議員や他の方の名前があります。この公園には、他にも石碑があります。それは幕末の鳥羽伏見の戦いの様子を記した石碑で、先程も書いたように、幕府軍と官軍との激しい戦闘が、この地で繰り広げられました。両者の戦いは、後に戊辰戦争と呼ばれ、北海道の五稜郭での戦闘が終結するまで続きました。この石碑は、その戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いを簡単な内容が、書き記されています。その左横には、その戦いの舞台となった簡単な地図もあります。

鳥羽へのアクセス

名神高速京都南インター周辺

周辺の観光・宿泊

観光地: 城南宮 伏見稲荷 醍醐寺

宿泊施設:アーバンホテル京都 料亭旅館清和荘