京都タウンマップ
洛東/祇園・岡崎周辺

top>>洛東>>東福寺

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

東福寺は、臨済宗東福寺派の大本山で、寺院の山号は慧日山です。京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄え、建仁寺に次ぐ歴史と最大規模の寺域を有し、山内の建物も「東福寺の伽藍面」と呼ばれるほど、偉容を誇るものが多く、観る者を圧倒します。

知恩院本堂

本堂は大きく、「伽藍面」と言われるのも無理ない。

 東福寺の歴史

現在の東福寺がある地域は、関白藤原忠平が建てた法性寺の伽藍が広がり、鎌倉中期まで約300年間、藤原家の氏寺として栄えてきました。その法性寺境内に、嘉禎2年(1236年)に九条道家の発願により、この地に高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する大寺院を建立することにし、19年の歳月を掛けて、建立されました。寺名は東大寺と興福寺から一時づつ取って、東福寺と名付けられました。高さ5丈の本尊釈迦像は元応元年(1319年)の火災で焼失、14世紀半ば頃に再興しますが、明治14年(1881年)の火災で再び焼失しています。伽藍が完成する前に道家は没しましたが、遺志を継いだ嫡子頼経らによって19年後の建長7年(1255年)に落慶供養が営まれ、開山に円爾弁円(聖一国師)を迎え、天台、真言、禅三宗兼学の道場として歩み出しました。

本堂天井画の雲龍図は外からわずかに窺える。

東福寺雲龍図東福寺の建設工事は30年以上に亘って続き、法堂が完成したのは文永10年(1273年)でした。その後元庵普寧が来朝して滞在し、禅の普及に努めてから禅宗一色となりまた。伽藍は度々の火災や戦乱で消失しました。明治14年(1881年)にも大火があり、仏殿、法堂、方丈、庫裏などが焼失しました。三門をはじめ、東司(便所)、浴室、禅堂などは焼け残り、中世の建物が現存して、昭和9年に法堂をかねた仏殿が完成して、現在に至ります。

東福寺からは歴代多くの名僧が出ています。五山文学の第一人者で『元亨釈書』の著者である虎関師錬と、室町時代に画僧として活躍し、その後の仏画や水墨画に多大な影響を及ぼした吉山明兆や南禅寺開山の無関普門がいます。

  東福寺の散策

三門は特別拝観の時に登ることが出来る。

東福寺三門南門から入り、六波羅門・勅使門を過ぎると、三門があります。応永12年に建立した三門は、京都五山の中では最も古く、国宝に指定されてみます。普段は登ることは出来ませんが、特別公開の時などは出来ます。足利義持の「妙雲閣」と記した扁額を掲げ、上層には釈迦如来と十六羅漢が安置されています。天井画も施されていますが、剥落が激しく、創建当時の姿は想像するしかありません。ここの三門は南禅寺・知恩院と並び京都の三大門と称されます。登ってみるとその名に違わず、雄大な景色が楽しめます。

開山堂の前庭は市松模様になっている。

東福寺開山堂三門の北には本堂(仏殿兼法堂)があります。寺の中心的存在の本堂は、昭和の木造建築では最大の物で、正面7間、側面5間あります。天井の雲龍図は堂本印象が書いたもので、印象独特の繊細さが感じられます。中にはいる事は出来ませんが、本堂入り口は開いていて、本尊釈迦三尊像は正面に見えて、雲龍図は大部分が見えます。堂の東南の柱は日蓮宗の信者が寄進したもので、他宗の迫害を受けた日蓮を聖一国師が庇護したことから、感謝の気持ちを込めて用材を贈った前例があり、明治の再建時にも柱を寄贈したようです。本尊釈迦三尊像(本尊は立像、脇侍は阿難と迦葉)は、1881年の火災後に万寿寺から移されたもので、鎌倉時代の作です。本堂を過ぎると方丈があります。明治23年(1890年)に再建された建物で、表門は昭憲皇太后が寄進しました。東西南北には八相庭と呼ばれるそれぞれ趣の違う庭があります。西庭の石組は竜が海中から黒雲を得て昇天する姿をあらわしています。石と苔を幾何学的な市松文様に配した北庭が特に著名です。昭和13年に重森三玲が才腕をふるった庭として評価が高い。

通天橋からの眺めは素晴らしい。

東福寺通天橋こ方丈の北には開山堂と普門院(客殿)があります。開山堂は文政6年(1823年)、普門院は同9年の再建です。開山堂の屋根には伝衣閣と称する楼閣を載せています。この開山堂の姿は、楼閣を取って付けたような感じがして、何とも奇妙な感じがします。開山堂の前には、普門院の前庭として造られた池泉観賞式の庭があり、普門院から見ると白砂に石組と植込みで鶴島・亀島を配し、その後方を池泉庭園としています。本堂から開山堂へ渡す橋が通天橋です。天授6年(1380年)に春屋妙葩が谷を渡る労苦から僧を救うため架けたと伝えられています。昭和34年(1959年)台風で崩壊したが2年後に再建、その際橋脚部分は鉄筋コンクリートとなりました。この橋から眺める紅葉は絶景で、しばらく立ち止まって見入ってしまいます。通天橋から下に降りる事が出来るので、橋から眺めるだけでなく、下から見上げる紅葉越しの通天橋も素晴らしい景色です。東福寺は紅葉の名勝として知られ、シーズン中は平日であっても多くの観光客で賑わい、特に通天橋は立ち止まって紅葉を楽しむため、非常に混雑します。もしこの季節に行かれるなら、朝一番に行かれることをお薦めします。

東福寺へのアクセス

〒605-0981 京都市東山区本町15丁目778

Tel.075-561-0087

JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約15分

専用駐車場なし

拝観時間  9:00~16:00  (11月のみ午前8時30分~午後4時30分)

拝観料通天橋・開山堂拝観料  : 大人  : 400円  小中学生  : 300円
方丈八相庭園拝観料  : 大人  : 400円  小中学生  : 300円

ホームページ  : http://www.tofukuji.jp

周辺の観光・宿泊

観光地: 清水寺 泉涌寺 三十三間堂

宿泊施設: ハイアットリージェンシー 京都 ホテル東山閣 ホテルグラン 京都清水