京都タウンマップ
洛東/祇園・岡崎周辺

top>>洛東>>八坂神社

洛中/二条城・御所周辺

洛東/祇園・岡崎周辺

洛北/大徳寺・植物園周辺

洛南/京都駅・東寺周辺

洛西/大原野・大枝周辺

嵯峨・嵐山方面

鞍馬・花脊方面

伏見・醍醐方面

八坂神社 西門 八坂神社の西楼門。この門を正門と思われている方も多いですが、正門は南門になります。

八坂神社の歴史

八坂神社の歴史は、656年(斉明天皇2年)と伝えられています。八坂神社はかつて、祇園社、祇園感神院などと称しましたが、明治維新の神仏分離にともなって、「八坂神社」と改称しました。八坂神社の御祭神は、素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神です。国の重要文化財に指定されている本殿は、かつて別棟であった本殿と拝殿を一つの屋根で覆ったもので、他に類例のない建築様式であることから、「祇園造り」とよばれています。

祇園感神院の創建は、876年(貞観18年)に南都の修行僧の円如が山城国愛宕郡八坂郷に牛頭天王を迎えて祀ったのが始まりとされています。牛頭天王は頭上に牛頭を戴く異形の神で、疫病鎮の神です。牛頭天王は、インドの神で、「祇園」の名称も、この神の故郷に由来するといわれています。祇園感神院その名から推察されるように、神仏習合色の濃い社で、明治維新までは僧侶が奉仕していました。しかし維新の際の神仏分離令が出て、現在のような神社形式になりました。その為、八坂神社の本殿は一般的な寺院の仏殿と同じような雰囲気があります。祇園杜感神院は、当初は奈良の興福寺の末寺でしたが、その後比叡山延暦寺の末寺になりました。かつて薬師如来を納める本地堂がありましたが、それは延暦寺の末寺になってからのことです。薬師如来は延暦寺の根本中生の本尊です。また、延暦寺の末寺になったので、叡山の山法師たちが日吉山王権現の神輿を戴き、強訴のために都入りするときには、神輿が祇園感神院の社頭に据えられることもあったようです。かつては本殿の西に薬師堂から発展した観慶寺の本殿があり、東には多宝塔がありました。

八坂神社 正門 八坂神社の南門。こちらが正門になります。

八坂神社の散策

現在の円山公園は、かつて「真葛が原」といって、祇園社感神院、長楽寺、況林寺などがありました。しかし、1871年(明治4年)に明治政府が接収し、1886年(明治19年)に公園となりました。現在の八坂神社は、四条通と東大路に面西門が正門に思われているようですが、南門が正門です。訪れる人の多くは、西門から入ることが多いようです。西門を入ると道は二手に分かれます。どちらの道も本殿や舞殿があるところに通じています。本殿の建物自体はさほど大きくなく、他の有名神社の本殿に比べると質素な感じがします。境内全体もさほど広くなく、ゆっくり見て歩いてもそんなに時間はかかりません。

八坂神社 本殿 本殿は、有名な神社の割りには質素な感じがします。この建物はかつて別棟であった本殿と拝殿とを一つの屋根で覆ったもので、「祇園造り」と呼ばれています。

八坂神社を語るのに、祇園祭は外せません。祇園祭は日本の三大祭りに数えられるほど、有名で盛大なお祭りで、山鉾巡行が終わると京都は本格的な夏を迎えます。全国各地の神社の神事は五穀豊穣を祈ることが多いですが、祇園祭の特徴は疫病鎮めのための神事であることです。祇園祭の起源は、869年(貞観11年)に、都に疫病が流行したとき、卜部日良麿が神泉苑に、諸国の数の66ヶ国にちなんで66本の鉾を立て、牛頭天王を祀り、さらに神輿を送って、災厄の除去を祈ったことが始まりとされていて、八坂神社のホームページにもそのように記載されていますが、祇園感神院の創建が、876年とされていますので、少し疑問が残ります。祇園祭の鉾や山については、それに詳しいホームページが沢山ありますので、そちらをご覧になって下さい。

八坂神社 舞殿 舞殿は他の建物に比べると少し傷みが大きい。
提灯の数がおびただしい。

八坂神社へのアクセス

〒605-0073 京都市東山区祇園町北側625番地

TEL:075-561-6155 FAX:075-531-1126

京阪四条駅より徒歩で約5分

専用駐車場はありません。近くに市営円山公園駐車場があります。

ホームページ  : http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka

周辺の観光・宿泊

観光地: 知恩院 祇園 青蓮院 新門前 建仁寺

宿泊施設: 料理旅館 花楽 ギオン福住 京都祇園ホテル 祇園佐の き乃ゑ